研修制度を活用して、CRCへの転職を成功させよう!

CRCの研修制度を利用しよう

治験コーディネーターへの転職を目指す場合、経験や能力が必要になります。しかし看護師や薬剤師、臨床検査技師からの転職は治験コーディネーターとしての経験がないので難しいといえます。そこで求人を探す際、研修制度の有無を確認して探すようにしましょう。
薬剤師求人 - 治験コーディネーターへの転職

ですが求人情報に書かれる内容も限界がありますから、そこまでの条件があるかどうかは問い合わせて見なければわかりません。薬剤師の転職に特化したサイトを利用すると、求めている求人が見つかりやすいでしょう。

専門性の求人はもちろんのこと、研修制度の有無や、未経験でも可能なCRCの求人が充実しています。CRCの経験がない場合、転職するには不安でありますし有利とは言い難いです。

ですがCRCの研修を受けることにより、知識や技術を習得し、自身を持って転職に臨むことができます。また現在CRCの方でも、技術や最新の知識を得るために定期的に受けることは自身の技術低下を招かないため、また治験をスムーズに行う上でも有効です。

新薬が世に出るまでの流れを管理し、なおかつ治験から得られる膨大なデータをまとめ上げ整理するのがCRCの役割です。関係者との情報のやり取りをスムーズに行えるよう尽力を尽くすパイプ役も担っています。

そのため、CRCは経験や知識だけでなく相応のコミュニケーションも必要になってきます。医師や製薬会社に対しては、専門用語で通じるものがありますが、被験者にはそうはいきません。相手に合わせた伝え方ができるようになりましょう。

新薬はたとえ同じ病気を治す薬でも成分によって副作用は異なります。そしてより効果的な薬を求めて、その都度治験が行われます。常に新しい情報が入ってきます。ですからCRCの研修は重要になってくるのです。

医療や薬学は日々進歩しています。たった一年前の情報が、さらに新たな情報が加わっているかもしれません。このような自ら学ぶという姿勢は、後続を育てることにもつながり、全体的に好循環を生み出します。

今後も向上心のあるCRCは必要とされていくでしょう。その時、求められる条件に見合うCRCになれると良いですね。

治験の意味

治験は新薬を出すため、その安全性や有効性のデータを採取することですが、即日で結果が出て終わりというものは、あまりないと言えるでしょう。なぜなら、厚生労働省からの許可を得てから治験を行う薬が大半です。許可のない薬は、死亡や後遺症につながるような怖い薬なのでしょうか。

許可前の医薬品に、安全性の確証はありません。ですが、開発段階で、動物実験などを行い、ある程度の安全性を得ています。治験とは、そこから人間に対して最終確認を行うことなのです。最終確認の治験では、動物実験では出なかった副作用が人間に対しては出てしまうこともあります。

死亡事故がないとは言い切れません。また障害が残るようなこともあるかもしれません。抗がん剤や帯状疱疹の治療薬の治験では、過去に死亡事故がありました。被験者が死亡、または危篤になった場合、補償は治験薬との因果関係が証明されてからになります。

しかしながら、抗がん剤は副作用のリスクが高い薬です。またがん患者は薬の副作用ではなく、病状そのものの悪化によって亡くなられてしまう場合があるのですから、因果関係を突き止めることは、その新薬を世に出すにあたって重要になります。

もしこのような有害事象が起これば、治験コーディネーターは、治験に関係する医師たちと情報を共有し、まず第一に被験者の体の安全を確保しなければなりません。そしてこの情報を治験審査委員会に報告します。

治験薬の投与は医師によって行われますが、それが実施計画の通りなのか、検証しなければならないからです。治験審査委員会とは、医学、薬学などの専門家だけでなく、専門家以外の方も委員となり、医学的な視点や患者の立場で、有害事象の検証をします。

上記のことから、動物実験をし、厚生労働省の許可を得た薬でさえ、人間に対してどのような作用が出るかはわかりません。また重大な副作用が出た場合、たとえ難病に有効な薬だとしても世に出すことはできないのです。つまり、研究の段階からやり直しになります。

望まれている薬が、即出ることはありません。それは治験コーディネータや、新薬に関わる全ての人たちが、安全性を慎重なまでに確認しようとしているからです。

メニュー
CRC